Labo-Labo

ファンデーション

コスメティックスによく添加されているカルボマーとは、合成ポリマーの
一種で正式名カルボキシビニルポリマーといいます。
合成ポリマーのなかでも刺激が少ないものです。


増粘効果があるので、とろみのあるコスメティックスや
ジェル状のコスメティックスによく入っています。

刺激が少ないといわれているのは、カルボマーは高分子で
肌に吸収されにくく、変質や腐敗しにくいからです。


また水溶性なので、水で洗い流せば肌に残りません。
カルボマーが入ったスキンケアコスメティックスを使用すると
肌がプルプルと潤いを感じますが、肌本来の潤い能力を
上げているものではありません。


素肌力を鍛えて美しくしたいのであれば自然な潤い成分のものが効果的です。

素肌力を鍛えることが、肌本来の美しさを長く保つためには一番です。


ですが、今の現状綺麗に見せたいというとき、このカルポマーは
有効なので上手く使い分けたいものです。
水で洗えば残らないのが嬉しいことろです。


ですから、綺麗にクレンジングして、ケアは自然なうるおい成分を使えば、

今の見た目も綺麗に見せることができ、並行して素肌力を上げることができるのです。

一石二鳥ですね。

 

リキッドファンデーションやメイク下地などのメイク用コスメティックスに
添加されている場合は、毛穴などの凹凸を目立たなくする効果があり
そして洗顔で落ちるので一時的な美しさを演出するには
有効な成分であります。

 

最近では、肌の保湿ケアをしながら潤いを与えるファンデーションもあるそうです。

「すっぴんメイク」など、ナチュラルメイクが流行っている今

キレイに見えるだけではなく、素肌もきれいに整えたいところです。

 

今の化粧品きちんと見つめると、本当にきれいな肌に見えるんです。

光の反射や色味を整えて、驚く肌で気分もとても軽やかです。